宿泊目的、ビジネス目的の利用

この記事をシェアする

宿泊施設として

オフィスや会議室、宿泊施設として部屋を貸し出すサービスは、厳密にはレンタルルームと呼ばれ、レンタルスペースとは区別されることもありますが、個人間で利用していない空間を貸し出すという点において変わりはありません。
宿泊目的で1日単位から空き家、空き部屋を貸し出すサービスとして最も有名なのは民泊ですが、民泊事業は旅館業法などによるさまざまな規制もあるため、レンタルスペースほどどこでも手軽に、というわけにはいきません。まずは建物そのものが、民泊として貸し出しても大丈夫かどうかの確認から始めなければなりませんが、ここをクリアすれば世界の人々を対象に、日単位で居住スペースの貸し出しを行えます。
今は地方創生への関心の高まりとともに、地方の古民家を民泊施設として登録し、農業体験をしてもらう試みなども行われています。

オフィス、会議室として

大規模な企業であれば各地方に拠点としてオフィスを構えていることでしょうが、起業したばかりのベンチャービジネスにとって、どの程度のオフィスを用意すべきかは悩ましい問題です。オフィスのレンタルコストもキャッシュフローを圧迫します。そこで、まずは通信やセキュリティ設備が予め整ったシェアオフィス等を会社登記上の所在地として起業し、人数が増えてきたら日単位で他のレンタルオフィスや会議室を借りる、といった形態をとる企業が増えています。
日によって場所を変えて働くノマドワーカーからのニーズも高いレンタルオフィスですが、オフィスとして貸し出すためには、ある程度、電話や防犯設備等を用意しておく必要があるでしょう。
初回の設備コストはかかりますが、法人相手であれば継続利用の可能性も高くなり、高い収入が見込めます。